NHK受信料、値下げ幅発表 20年10月に月額35円(2018年11月27日)


NHKは27日、来年10月の消費増税時に受信料額を据え置き、さらに2020年10月に地上契約で月額35円、衛星契約で同60円を値下げすると発表した。据え置き分を含めると、実質的な下げ幅はそれぞれ59円と102円。値下げによる減収は328億円で、今年度に見込む受信料収入約7060億円の4・5%に相当する。

https://www.asahi.com/articles/ASLCW5HD8LCWUCLV00T.html


 受信料の値下げは12年以来2回目。月額120円、受信料収入の7%分を引き下げた前回と比べると、小幅な値下げとなる。受信料の値下げは、NHKが19年度中の実施を目指す番組のネット常時同時配信を認めるための条件として、総務省が検討を求めていた。NHKは値下げを盛り込んだ19年度予算案を、年明けの通常国会に提出する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000100-asahi-soci

ネットの同時配信のために値下げをするそうです。

コメント