[立花孝志]NHKとの裁判完全敗訴しました 裁判長は滅茶苦茶だと思います。(2018/11/30投稿分)

ここでは立花孝志さんの「NHKとの裁判完全敗訴しました 裁判長は滅茶苦茶だと思います。2-1」と「NHKとの裁判完全敗訴しました 裁判長は滅茶苦茶だと思います。2-2」について内容を要約したいと思います。

まとめ

  • 裁判には完全敗訴しました。
  • 控訴する予定。
  • この裁判の結果はNHKをぶっ壊すことには直接つながらないのでどのくらい力を入れて反論するかは検討する。
  • 国会議員になって理不尽なことを変えていきたい。

動画の要約

判決について

判決について

  • NHKから54万円訴えられている裁判で完全敗訴した。54万円払えという判決だった。

争った内容について

  • 3年前に僕が船橋の市議会議員の時にNHKに裁判をしてくれる人を募集して裁判をした。
  • 裁判をする権利の乱用ですといわれた。
  • その3年前の裁判にかかった費用、弁護士費用の54万円を払ってくれとNHKに言われた。

判決内容の反論について

  • 判決ではタカハシという集金人の訪問は全うな訪問だったと認定された。
    • タカハシ集金人は放送受信契約のために女性Hの家を訪問して放送受信契約を締結するように求めた。Hさんはタカハシ集金人に対して会社名を訪ねたうえでタカハシ集金人に帰るように求めるなどした。タカハシ集金人はHさんの上記の対応を受けてこれ以上の対応はできないと判断しその場から退去した。これはNHKの下請け会社であるユナイテッドメンテナンスの当時の社長の証言で正しいと言っている。
    • 裁判長は立花が言っているかユナイテッドメンテナンスの元社長が言っていることのどっちが正しいのかについて、立花が言っていることについては全く触れていない。立花とサイトウ社長(
      ユナイテッドメンテナンスの元社長)のどっちが信用できるかなどの理由が判決文には一切書いてない。
    • タカハシという集金人は10日後に別の家で通せんぼしたり、立花に電話したら走って逃げて行っている。不退去罪とか危ないと思ったら逃げていく人間なのに、タカハシ集金人は帰って言われたら素直に帰ったと認定している。そんなのおかえりくださいと言って黙って帰る集金人だったらそこのお家の奥さんHさんだってわざわざ立花に電話なんてしてこない。帰ってくれないから立花に電話くれたんでしょ。
  • 立花さんがに証拠の録画が取れたら私と一緒に民事裁判をして迷惑料(損害賠償金)をもらいましょうとtwitterで呼び掛け、同種の訴訟が複数提起されたがそれらの中で損害賠償請求が一部でも容認されたものがなく、請求を棄却する判決が言い渡されるなどしている。
    • 複数の人に訴えてもらったがすべての裁判が証拠がないからダメと言われた。
    • 証拠は録音録画してなければ当事者(訪問された側と訪問した側)しかわからず、集金人を呼べと言ってもでてこないから負けている。
    • お互い証拠がないのに裁判所は一方的にNHKやNHKの関係者が正しいと決めつけていると思わないか。
  • NHK業務委託先の従業員または個人事業主がした放送受信契約の言動を理由としてNHK自体に損害賠償を請求するのは非常にハードルが高いと発言した動画をYouTubeに投稿したり、NHKの業務を妨害するために裁判しているんです。正直裁判に勝ちに行っていない。NHKに対する嫌がらせでやっているという動画を投稿していた。
    • これはNHKの被害者が大勢集まれば裁判所がそんなに裁判されてるならNHKが悪いことをしてくれるんじゃないかって印象を持ってくれると思った。
    • 結婚詐欺の立証は同じことがある。結婚詐欺されたって人が大勢集まれば写真とかいろんなものがなくてもそれが証拠としてなる。だから裁判してくれる人を集めた。
    • その時にお金が儲かるよって言えば集まりやすいからそう言って集めた。
    • 集まって裁判してくれた人達に金銭の負担をさせていない。裁判費用はすべて自分で持っている。それが逆に裁判官からしたら濫訴。
    • 裁判する権利が国民にあるのに立花が国民の権利を借りてきてその人たちの権利をうまく使って裁判をしているから立花が悪いと結論だった。じゃあそうだったら裁判を実質的に立花が指揮しているなら立花の意見も聞いてくれ。
  • 訴えた際にNHKが争ってくると予想し、Hに対して相応の立証をする必要があることを理解していたが、それをせずに、口頭弁論にも出頭せず、訴状以外の書類提出もなかった。(裁判やる気がないって思われた?)
    • これはいたずらにやった裁判、濫訴、裁判する権利の乱用する裁判だったら、どうして千葉地方裁判所に移送されたのか?はじめからNHKに対して困らせる裁判だったらいちいち簡易裁判所から地方裁判所に移送する必要がない。
    • 争っている金額も10万円で原告は立証していないんだから、NHKは答弁書でそんな事実はないといえば済む話。NHK側が反論の訴状を一回目の期日にいっぱい出してくる必要がない。
  • 集金人のやったことを集金人会社ではなく上のNHKを訴えているのか理解できないと裁判長は言っている。
    • 集金人はNHKですっていってくる。そのまま帰ってしまったから、ユナイテッドメンテナンスの社員であることすらわからないからNHKを訴えた。
    • 集金人はNHKの身分証明書を持ってきてる、NHKから借りてるナビタン持ってきてる。NHKからのデータから訪問してきている。

感想

  • NHKの弁護士さんのテクニックに完全に負けている。こちらは本人訴訟。弁護士と裁判官は仲間。裁判官は弁護士になる。NHKの弁護士は元検察官、検事がやめて弁護士をしている。もし僕が勝つと弁護士の価値が下がる。うがった見方だと思うけど。
  • 裁判というルールの下で真実と関係ない。立花が何を言っても立花と違うことを言う嘘つきを連れてきたとしてもその嘘を認定する。
  • 立花さんとサイトウ社長とどっちの証言に真実味があるか。前回傍聴に来てくれた人に聞いたら9割は立花のほうが真実を話していると思ってくれるんじゃないかと思う。
  • 当然話し方とか立ち方堂々としているぶり、あっちはNHKこっちは議員。相手は会社をつぶした人。NHKの下請け会社はどれだけむちゃくちゃしているか。僕の人間性もわかっている。この国の裁判長はそういうことを認められない。
  • 裁判長は伊藤繁さん(50代か60代)で残りの二人の裁判長は若い感じでまともだった。(大原哲治,濱中利奈)
  • この裁判は負け惜しみを言っているわけではなく、僕は議員で来月の収入は400万円を超えるくらい入ってくる。年収で3000万円を超える。54万円負けてもそうだし、僕が勝ってもNHKが勝っても受信料制度に関してNHKをぶっ壊すことにほとんど意味がない。
  • 判決受ける前に勝つ確率は五分五分だと思っていた。負けるとしたら理由が何か気になった。
  • 普通にまじめに真実を語って判決が出たら、政治家ではない人裁判に慣れていない人がこんな判決が出たら多分裁判所とか裁判官を信用できなくなるんじゃないか。
  • 議員をしながらYouTubeで月200万とか入ってくるから負けても言い返す場がある。世の中の人にこんなひどいことがあるというとお金が入ってくる。真面目に事件と戦っている人、不正と戦っている人がこの判決を見ると落ち込むんじゃないか
  • 国会の証人喚問をみても平気で嘘と思われることを言っている。去年の森友問題とか嘘をついてる人が評価をされるというか守られてる感がある。
  • 裁判所はありえないような判決を書く。松戸で最初争った。最初では松戸簡易裁判所で契約書の偽装。明らかに本人でも奥さんでもない契約書があって松戸簡易裁判所では勝った。2015年3月ごろ新聞にも載った。これが千葉地方裁判所ではひっくり返された。明らかに筆跡が違う。住宅ローンが連名で書いているおおよそ筆跡と違う。千葉地方裁判所は月日がたてば筆跡が変わる。急いで書けば筆跡が変わる。
  • 今日の裁判は控訴するが、どのくらい力を入れるのかは相談する。
  • NHKのことじゃないけど理不尽なことをされていますとめっちゃ電話がかかってくる。
  • そういう問題に1件1件深入りして解決するよりも選挙で国会議員になって直したい。
  • 安倍総理がおかしいのか、この国の官僚たちというか嘘をつく人たちが安倍さんだったら嘘をつく人を守ってくれるのだろうと安倍さんを選んでるのかわかりませんが。
  • 正直者が馬鹿を見るというかうそをつく人が評価されることは間違えない。それがおかしいまずいって何とかしなきゃいけないって人がおそらく僕の党や僕を応援してくれている。
  • 裁判所の証人尋問は録画できないのは大きな問題。
  • 財務省、官僚は公文書書き換えして公文書偽造罪にも問われず真面目な人が自殺して嘘をついている理財局長がマスコミも追及されないのでぬくぬく給料もらっている。それをかばっている自民党、それに引っ付いている公明党。
  • 僕が国政に行って国会議員になって権力を与えてもらって本当に根底からぶち壊す。
  • 今来年の参議院選挙に立候補しようと考えてその決断をしているところ、するつもりです。公職選挙法の都合でこういう言い方しかできないが。
  • 来年の参議院選挙は自分なりに分析しているしいろんな人の意見も聞いている。それなりの数字も出てくるだろうと思う。
  • まだまだ僕のことや党のことを知らない人が大勢いるからそういう人たちにしっかり訴えていけば変わっていくと思う。
  • 今回の件は憲法に絡んでくることでもある。裁判をする権利の乱用ということだが、憲法上認められる初めて裁判する人がいきなり濫訴だ裁判する権利の乱用だと言われるのは憲法の裁判する権利とぶち当たっている。
NHKとの裁判完全敗訴しました 裁判長は滅茶苦茶だと思います。2-1
NHKとの裁判完全敗訴しました 裁判長は滅茶苦茶だと思います。2-2

コメント